ATPふき取り検査(A3法)

ATPふき取り検査は、汚染物質(=ATP量)を高感度に測定します。測定結果は30 秒で得られ、その場で衛生状態の改善をすることができるため、清浄度検査としては、最も支持されている検査方法です。しかしこれまでATPがADPやAMPに分解された汚れは、検出できず見落とされていました。キッコーマンバイオケミファのATPふき取り検査(A3法)は、ATPに加えてADP,AMPも測定することで、より幅広い種類の汚れを高感度に検出することが可能にしました。⇒⇒⇒詳しくはこちらから

*ATPふき取り検査は、「食品衛生検査指針 微生物編」に収載されています。

清浄度検査とは、 手指や食品加工設備機器、医療器具などが、十分に清浄に維持されているかどうかを調べる検査です。
食品製造で関わる事故の多くは、二次汚染事故であるといわれています。また、医療現場では、院内感染が問題となっています。このような事故を防ぐために、清浄度検査は、非常に重要となります。しかし、検査方法が煩雑で検査員によって結果が異なったり、検査結果がすぐにわからなければ、検査によって事故を未然に防ぐことはできません。



ATPふき取り検査(A3)動画

  • ATPふき取り検査(A3法)

  • ルミテスター Smart のご紹介

  • ATPふき取り検査(A3法)基本操作

ATPふき取り検査 関連リンク

TOP