新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、手洗い‧環境衛生が見直されています。きちんと清掃‧洗浄ができたかを目視だけで確認するのは、ヒトによって判断基 準が異なるため清掃‧洗浄にばらつきがでる可能性があります。

    • きちんと清掃できたかを、客観的な物差しで確認したい
    • 清掃‧洗浄の品質を記録として残し、お客様へも伝えたい

 このようなニーズから、ルミテスター Smartとルシパック A3によるATPふき取り検査(A3 法)を、多くのお客様が活用しています。 ATPふき取り検査(A3法)は、清掃‧洗浄の効果 を数値で示すことで、清掃‧洗浄の品質評価だけでなく、顧客満足度、リピーター率の向上 にも役立ちます。

 

ATPふき取り検査(A3法)を清掃‧洗浄評価に活用!

 清掃‧洗浄して汚れを全て除去することは、ウイルスを含む様々なリスク低減に繋がりま す。汚れが除去されたことをATPふき取り検査(A3法)で確認することで、リスク低減を 間接的に評価できます。 適切な対策をその場で迅速に実施し、衛生状況を改善することは、 様々なリスクに由来する健康被害の防止に貢献できます。

ATPふき取り検査(A3法)を清掃‧洗浄評価に活用!

 

 

動画で学ぶ! ~感染リスク低減への活用~

 

検査ポイントと測定例

お手洗い

お手洗いのATP検査例

エントランス

エントランスのATP検査例

エレベーター・給湯室

エレベーター・給湯室のATP検査例

※1 測定値は、環境や状況により変動しますので参考値としてご参照ください。
※2 暫定基準値:①一般環境表面 500以下 合格、501~1000 要注意、1,001以上 不合格

 

コロナウイルスは測定可能なのか?

 ルミテスター Smartとルシパック A3に関するお問合せを多数頂いていますが、 コロナウイルを含めウイルスの検出はできません。詳しくは、こちらをご確認ください。

 

ウイルス量と、ATPふき取り検査(A3法)による測定値の関係性

 NウイルスとATP溶液を含む人工唾液を環境表面に塗布して、清拭した際に、Nウイルスのプ ラーク形成数とATPふき取り検査(A3法)の測定値がどのよう変化するかを確認した結果を 下記に示します。 Nウイルスのプラーク形成数の測定と、ATPふき取り検査(A3法)は、別 の試験法です。プラーク形成数の単位はウイルス力価(pfu)、ATPふき取り検査(A3法) の測定値の単位は発光量(RLU)です。

 清拭前は、Nウイルスのプラーク形成数が多く、ATPふき取り検査(A3法)の測定値も高い のに対して、清拭できちんと人工唾液を除けば、Nウイルスのプラーク形成数も、ATPふき 取り検査(A3法)の値も、ともに低下することがわかります。 ATPふき取り検査(A3法) は、ウイルスを直接測定することはできませんが、飛沫や手から拡散する恐れがある汚れな ど、接触感染のリスクのある汚れを取り除けたかについて、ATP量を指標とした評価に用い ることができます。

ATPふき取り検査(A3法)測定ポイント

  測定ポイント
ヒトが多く触る場所 ドアノブ、取っ手、手すり、スイッチ、水道の蛇口、机、タッチパネルなど
汚れやすいところ トイレまわり、洗面台、床など

 

活用事例

 

清掃・環境衛生向け パンフレット

関連記事