植物工場の衛生管理

「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理」がJAS規格として定められ、設備・機械器具等の衛生状態を確認する方法として、ATPふき取り検査法が挙げられています。

ATPふき取り検査(A3法)はこんなところで活用されています。

ルミテスター Smartルシパック A3 Surfaceを用いたATPふき取り検査(A3法)により、 植物工場の栽培・収穫・包装・出荷・輸送における衛生状態のモニタリングを実現します。



ATPふき取り検査(A3法)とは?

植物工場を取り巻く汚れには、食中毒菌など目に見えない様々な危害要因が存在しています。 ATPふき取り検査(A3法)は「汚れ」の指標にATPの残存量を測定する検査方法です。 作業現場の洗浄により、これらのリスク(様々な危害要因)の低減が可能です。 また、手洗い等の従事者の衛生教育にも活用出来ます。



ATPふき取り検査(A3法)の測定原理

キッコーマンの醤油醸造技術を応用して研究開発されたATPふき取り検査(A3法)は、 独自の技術「A3法」で、ATPだけでなく見落とされていたADP、AMPも測定します!



運用例

食品製造現場等では、10秒で汚れを検査できるATPふき取り検査(A3法)による清浄度検査が導入されています。 ATPふき取り検査(A3法)は、HACCPや農林水産省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」、 「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理のJAS規格」において、作業者の衛生意識の改善や、 機械・施設・容器等の衛生管理の取り組みに活用できます。



TOP