商品紹介

ヒスタミン量測定

製品情報

チェックカラー ヒスタミン

イメージ

チェックカラー ヒスタミンは、HPLC法のような煩雑な操作は不要で、しかも短時間で精度良く生魚中のヒスタミンを測定することができ、抽出操作が簡単で、HPLC法やAOAC法(*)に比べ測定妨害物質を除くための前処理操作が不要です。

(*)AOAC法: Official Methods of Analysis of AOAC International 掲載の測定法

【 お知らせ 】
チェックカラーヒスタミンの操作方法が、より簡便になりました。(2013年5月より)
新・取扱説明書(20130501)⇒

・キット内容の変更はございませんので、従来の操作方法でもこれまで通り測定できます。


性能

特 異 性

試料に含まれるカダベリン・プトレッシンなど、他のアミン類の影響を受けません。

測定範囲

0.4 ~ 6 ppm 生魚サンプル換算 10 ~ 150 ppm (光路幅 2cmセルの光度計で測定時)

測定時間

各試薬分注後 約 20分

キットの構成

(60回測定用 : 10 回 × 6 ) ( 2 - 8 ℃保存)

酵  素 × 6
発色試薬 × 6
緩 衝 液 × 3
標準液( 30ml ) × 1
  • ご注意
  • ・測定には「推奨測定器(吸光度計B)」または分光光度計(470 nm付近が測定できるもの)が必要です。
  • ・この試薬は自主衛生検査・研究用途以外の目的に使用することはできませんのでご注意ください。
  • カタログ ダウンロード
  • 新取扱説明書 ダウンロード

カラーテスター PD 470 (販売終了)

カラーテスター PD 470 販売終了のお知らせ

カラーテスターPD470と同等の性能を有する機器が、他社より、販売されておりますので、「チェックカラーヒスタミン」をご使用の際は、下記機器のご使用を推奨いたします。

【推奨機器】
発売元:株式会社共立理化学研究所

品名:吸光度計B 型式:ABS-B 470 ⇒ 詳細はこちらから(外部サイトに移動します。

お問い合わせ先:株式会社共立理化学研究所

電話:(03)3721-9207