商品紹介

ATP 量・微生物測定システム

測定キット

ルシフェール CT 150

ルシフェール CT150

短時間で、大腸菌群を検出

食中毒を引き起こす微生物が食品を汚染することは許されません。
指標菌の代表である大腸菌群の検査は、 通常、結果が出るまでにまる一日以上かかることもあたりまえでした。
キッコーマンの指標菌・食中毒菌検査システムは、 これまでの半分以下の時間で確実な判定がおこなえますので、 万一の時には、迅速な対応処置を可能にします。

  • 大腸菌群の陰性判定が既存の迅速検査法(18-24時間) より更に迅速(最短5.5時間)におこなえます。
  • 高感度発光基質ルシフェリンガラクトシドとホタルルシフェラーゼを用い、食品衛生検査指針に迅速検査法として推奨されている酵素基質法の原理(β-ガラクトシダーゼ検出)で測定します。
  • 発光量測定器「ルミテスター」を用いて測定しますので、個人差のない判定がおこなえます。

原理と活用事例は、こちら
ルシフェールCT150

PDF ダウンロード

仕様

150 回測定用 ( 30 回測定用 × 5 )
発光試薬 CT × 5
発光試薬 CT 溶解液 × 5
陽性対照 CT × 1
  • ご注意
  • ・測定には発光量測定器が必要です。「ルミテスターCシリーズ」をご使用ください。
  • ・この試薬は自主衛生検査・研究用途以外の目的に使用することはできませんのでご注意ください。
  • カタログ ダウンロード
  • 取扱説明書 ダウンロード