商品紹介

ATP+ADP+AMP 検査(A3法)

医療現場向けATP+ADP+AMP 検査(A3法)

院内感染対策

「院内感染防止の基本は手洗いの励行」ですが、分かっていながらもなかなか適切な手洗いが実行されていないのが現状であると思います。

こういった状況を改善するためには、関係者の意識レベルを向上させることが重要であり、そのためにインフェクションコントロールチーム(ICT)が中心となって、様々な講習会が実施されていることはご存知の通りです。

例えば、寒天培地を用いた手指菌数の測定がおこなわれていますが、結果が出るまでに数日かかるため、また別の日に講習会を開催しなければならず、その間に、せっかく盛り上がったスタッフの意識レベルも薄れがちです。

ATP+ADP+AMP 検査(A3法)を用いれば、目に見えない汚れを、簡単、迅速に、その場で検出でき、結果を数値で得ることができます。
正しい手洗いが実施されているかどうか、その場で検証できますので、その場で指示を出すことができ、1回の講習会でスタッフの意識レベルを向上させることが可能です。

また、ICTラウンドに、を導入することにより、手指衛生だけでなく、気になるコンタクトポイント(交差感染の原因となるような場所。例えば、水道の蛇口、ドアの手すり、電話の受話器など)の衛生度を、その場でチェックできますので、タイムリーな指導をおこなうことができます。

これら以外にも、中央材料や消化器内視鏡の洗浄度チェック、厨房の衛生管理にもATP+ADP+AMP 検査(A3法)は威力を発揮します。

「ATP+ADP+AMP 検査(A3法)を導入することにより、より良い院内環境を実現できる」と、私達は考えています。

関連資料

カタログダウンロード

ATPふき取り検査を用いた歯科診療室における清浄度調査

自衛隊舞鶴病院
田島聖士 先生

ATPふき取り検査を用いた医療機器の清浄度の検討

北里大学病院MEセンター部

ME室から始めたアウトブレイク防止策

昭和大学横浜市北部病院
MEセンター

歯科用医療用具の洗浄状況の検証

岩手医科大学付属病院

ATP+AMPふき取り検査~測定原理~

ATP+AMPふき取り検査~洗浄(清拭)評価に有効なわけ~

ATP+AMPふき取り検査~基本的なふき取り方法と注意点~

ATP+AMPふき取り検査~あらゆる現場で活躍するルミテスター~